ココナッツミルクで痩せる!?

ココナッツ
牛乳のように真っ白で濃厚な味を持つ「ココナッツミルク」は、ダイエットに効果的な食材だということはご存知でしたでしょうか?

南国食材でブームを起こした“タピオカ”や“ナタデココ”は皆さんも良く知っている食材だと思われますが、ココナッツミルクはいかがでしょう?

何となく…のイメージしかない方は多いのではありません?そもそもココナッツミルクの正体もぼんやりとしたイメージでしか知られていないような気がします。

ここで初めて知られる方もココナッツミルクのダイエット効果を知って頂き、今後のダイエット生活の参考にして頂きたいと思います!

ココナッツミルクのまったりとした味わいからは、どうしても高カロリーなイメージを持ってしまいますよね?

ところが…意外にもココナッツミルクは低カロリーだということを知っている方は少ないのではないでしょうか?

“あんなに濃厚な飲み物なのに?”と、半信半疑の方も安心してください!缶コーヒーや市販のミルクティー、牛乳などよりも50パーセント~30パーセントくらいは低カロリーのようです!

牛乳よりもカロリーが低いというのも…何となく信じがたい気がしますが事実です。“あんなに口にまとわりつくような甘い飲み物でも?”と、まだ半信半疑の方、その気持ちは分かります。

確かに普段コンビニなどのデザートコーナーに並んでいるような「甘いココナッツミルク」はちょっとカロリーが高いです。これはデザートとして加工されているものですので、摂取しすぎると太ってしまうでしょう。

それでも他のデザートたちよりは低カロリーなので、ダイエット中にどうしても甘味がほしい方はココナッツミルクのデザートを選びましょう。

ココナッツミルクはお砂糖を入れたら甘い飲み物になりますが、本来のココナッツミルクは甘くありません。ほんのり甘味を感じる程度です。

市販のココナッツミルクでもカロリー表示が高いものは、おそらく糖分を含んでいるおやつ用ココナッツミルクでしょうね。

ココナッツミルクがいくら低カロリーとうたっていても、ここにたくさんの糖分をくわえてしまってはダイエット食材とは言えません。

甘いココナッツミルクはデザートとして楽しみましょう。“ココナッツミルクがダイエット食材!”と、まとめてしまうようなイメージは持たないでくださいね。

ココナッツミルク缶を購入するときは、成分表やカロリー表示を確認してから間違わないように購入してください。

ココナッツミルクは利尿作用が高いと言われているので、ダイエットには悩みの種でもある“むくみ”解消効果が期待できます。また、“亜鉛”を多く含んでいるので細胞の老化防止効果もあるようです。

細胞が活性化することによって体質改善効果も期待できるでしょう。低カロリーでまろやかな風味にしてくれるので単体で摂取するだけではなく、お料理などにも活用してみるのも良いですね。

ココヤシの実であるココナッツは南国代表の果実なので、体を冷やす作用があります。これは体を温めて基礎代謝を上げることが必須であるダイエットにはデメリットですよね?

暑い南国ならではの自然の理です。たいてい暑い国で作られる食べ物は体を冷ます効果があるとのイメージを持っても間違いではありません。

いくら低カロリーとはいえ、食べ過ぎは良くないことはお分かり頂けると思います。ダイエットに効果的な部分だけを上手に利用していきましょう!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク