モテるダイエット雑学

様々なダイエット方法や豆知識をご紹介。あなたのダイエットへの活用はもちろん、合コンやビジネスの会話ネタ・雑談ネタにもいかがですか?


クエン酸で蓄積された頑固な脂肪を根こそぎ排出しよう!

れもん水

クエン酸には落ちにくくなってしまった脂肪を排出させる作用が高いとされています。ダイエッターの皆さん、“クエン酸”を意識したことはありますでしょうか?

クエン酸は日常生活でも気軽に取り入れることが出来るものですので、普段のダイエット生活に付け足して実践してみて頂きたいと思います。きっと想像以上にダイエット成果を得られると思いますよ!

簡単にクエン酸を摂取する方法としては、まずは“レモン水”ですね。ただレモン果汁を絞ったお水ですので、誰でも簡単に作ることが出来るでしょう。

お水は水道水ではなく、ミネラルウォーターを使用してくださいね。ワンポイントアドバイスとしては、レモン水に重曹を加えることでお腹に炭酸が溜まっていき、満腹感が上がって食べ過ぎ防止効果が出てくるそうですのでおススメです。

またレモンと水の組み合わせで、脂肪分や糖分お吸収を抑えてくれる作用が働くと言われています。さらに脂質の代謝効果を上げ、肝臓の働きも上げてくれるそうですよ。

このような食べ合わせのダイエットは他の食材と一緒に摂取することで効果的な作用を得ることができる、“ダイエットの裏ワザ“でしょう。

から揚げのデメリットは何と言っても“油”ですよね。この油が体内に残ってしまうことで脂肪へと変化してしまいます。

しかし、ここにレモン汁を一緒に摂取することで、から揚げを食べても摂取した油を上手に消費したり、体内に吸収されるのを防ぐ効果が得られるのです。

たっぷりとレモンをかけてからであれば、から揚げを食べても体内に油が吸収されにくい環境の中での摂取になるので、ダイエットの妨げにはならないでしょう!

皆さん、レモンを味方に安心してから揚げを食べてください!さぁ、レモン水のダイエット効果はまだまだ続きます!

スポンサーリンク

レモンに含まれるクエン酸は疲労の元である疲労物質の“乳酸”を解消してくれるようです。

乳酸が分解されることで、“クエン酸サイクル”とよばれるエネルギーの生産回路が正常になって代謝効果を上げてくれるので、脂肪燃焼効率の高い身体作りへの大きな役割を果たしてくれているというのです!

また、レモンのほかには“梅干し”にも高度のクエン酸が含まれているそうですので、梅干しを意識して摂取するのも良いですね。

人間の胃は通常は酸性なので、入ってきた菌を消滅する働きがありますが、体調不良などでその働きが十分に発揮できない時は、侵入した菌が胃を通過してしまいます。

胃を通過してしまった菌は腸へと流れていくのです。菌が腸へ移動してしまうと病気になりやすい環境が出来やすくなってしまうので、さらなる体調不良の恐れがあるそうです。

体の調子が崩れてしまうと、もちろんダイエット機能である基礎代謝や新陳代謝が弱まってきてしまうので、痩せやすい体質作りに影響が出てしまうでしょう。

体調不良の時に体重が減るのは“体が弱った”だけですので、“痩せた”と喜んでいるのは間違いですよ?体調が戻った時には、弱ってしまった“体の異常事態”に細胞達が働きだすので、リバウンドにも似た症状がでてしまうでしょう。

“弱った体に栄養を入れなければ!”の動きが出てしまうので、摂取した食事の体への吸収率はリバウンドの時と同じ状態になってしまうのです。

このようなことを防ぐためにも、梅干しの驚異的な殺菌作用が大きな効果を発揮してくれるのです!

レモンに梅干し、どちらも安全な自然食品ではあると思いますが、ただ1つ、注意して頂きたいことがあります。

空腹時のように胃に何も入っていない状態でクエン酸成分の高い刺激の強いものを摂取すると、胃腸を荒らしてしまう可能性もあるので、何か胃に入っている時…主に食後に摂取するよう気を付けてくださいね。

 - ダイエット・美容

スポンサーリンク








●ダイエットマニュアル人気ランキング
《1》●エステ顔負けの全身「美」痩せ術●大澤美樹監修 ボディスタイリングダイエット「ボディ☆スタ」

《2》◆脚やせ◆たった1日2分流すだけ!現役読者モデルでもマイナス5cmに成功した美脚法!ボディスタイリスト大澤美樹『スリムレッグラボ』

《3》えっ☆7日間でモデル脚GET?今までなかった完全プログラム形式でスラリ愛され美脚があなたのものに!


人気記事


  この記事を読んだ方は以下記事も読んでいます。



クエン酸で蓄積された頑固な脂肪を根こそぎ排出しよう!

様々なダイエット方法や豆知識をご紹介。あなたのダイエットへの活用はもちろん、合コンやビジネスの会話ネタ・雑談ネタにもいかがですか?

Copyright© モテるダイエット雑学 , 2013 All Rights Reserved.