カイワレ大根ですっきり脂肪燃焼!

カイワレ大根

いきなりですが…“カイワレ大根”をご存知の方、どれくらいいらっしゃるのでしょうか?

スーパーに足を運ぶ主婦の方や、自分で料理をする方は知ってらっしゃる方も多いのかもしれませんが、自分で料理をしない若い独身男女には聞きなれない食材ですよね?

むしろ見たこともないと言い切ってしまえるような方も…少なくないのかもしれません。こんな得体のしれない食物、かいわれ大根。メイン料理に登場することは基本的に無いので、知らない方も恥ずかしがることはありません。

写真を見せられれば、「あぁ、これね」と、うんうん首を縦に振ることでしょう。しかし、それが“カイワレ大根”という名前だとは…知らない人が連想するには難しいでしょうね。

たいていは脱脂綿のようなものに種を植え、発芽したものをそのまま脱脂綿ごとパックにされています。

個人的にもカイワレ大根と言えば…揚げ出し豆腐の上や冷奴の上に飾り的に乗せられている姿しか見たことがありませんね。

昔は、ただの飾りでしかないかと思っていましたが…実はこのちっぽけな茎、驚くべきダイエット作用があったのです!私も最近耳にしまして、大変びっくりしてしまいました。

カイワレ大根とは、芽を出したばかりの赤ちゃん野菜“スプラウト食品”と言うそうです。

なぜにあんなちっぽけな茎を“大根”と言うのか、不思議には思っても…たいして興味もなく調べたりすることもありませんでしたが、実はカイワレ大根って、大根の赤ちゃんだったのです!ご存知の方はいらっしゃいましたでしょうか?

スポンサーリンク

もしかして、知らなかったのは私だけ…?まぁ、たとえそうだとしましても、その大根の赤ちゃんであるカイワレ大根が、ダイエット作用が高いと言われているあのみずみずしいでっぷりとした大根よりも、優れたダイエット作用があること…ここまでご存知の方は数えるほどしかいないのではないかと思います!

カイワレ大根は赤ちゃん野菜、これから大きく成長する状態のために、栄養分…酵素や食物繊維も、大きくなった大人の大根よりもずっと豊富に 含まれているんだそうです!

さらに、カイワレ大根は水耕栽培なので、害虫被害が少なくいことも大きな利点ですね。通常の大根は畑に作られます。必要とあらば…農薬も使わなければいけないこともあるでしょう。

しかし、水栽培のカイワレ大根は全く農薬が使われないので、安心な無農薬野菜なのです。農薬や付いてきてしまった虫、土の汚れなんかもを洗い流す必要がないことから、軽く洗うだけになるので、大切なビタミンの損失も少ないのです!

カイワレ大根のあのピリピリした辛さを思い出せる方もいらっしゃるかとは思いますが、その辛み成分こそ“グルコシノレート”と言われる酵素の働きを活発にさせる成分なのです。

今いちピンとこない方は意識してカイワレ大根を噛んでみてください。青臭いような辛み成分には、若干すがすがしさを覚えるくらい爽やかな味覚です。

この味覚こそ、蓄積された脂肪燃焼に効果があると言われるダイエット作用を促してくれる成分なのです。

根本から切って調理しようとすると、すぐバラバラになってしまいがちですが、とろろのような粘り成分と混ぜて調理すると、とても食べやすくなるでしょう。

あっという間に1パックくらい摂取できるはずです。何でも過剰摂取は良くありませんが、意識した時は1パックくらい摂取するよう心掛けるだけでも、きっとそれなりに満足のいくダイエット結果をもたらしてくれることでしょう。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク