モテるダイエット雑学

様々なダイエット方法や豆知識をご紹介。あなたのダイエットへの活用はもちろん、合コンやビジネスの会話ネタ・雑談ネタにもいかがですか?


まずいなんて時代遅れ?美味しい青汁で脂肪なんて流してしまおう!

「まずい!でも、もう1杯!」というセリフ、どこかで聞いたことがありませんでしょうか?

結構流行した青汁のCMのセリフです。まずくても健康に良いということで評判を呼んでいた青汁、時は変わって今となっては幼い子供を起用して「おいしい!」とのセリフに変わっていますよね?

そうです、現在の青汁は激しい味の苦手な子供でも飲めるように改良されているのです。そんな青汁は、健康に良いだけではなく、ダイエッターにとってものどから手が出るようなダイエット成分がたっぷり含まれています。

食物繊維を取ることが便意解消となってスムーズな体内循環を得られるとは分かっていても…なかなか効果を期待できるほどの野菜などの食物繊維や栄養素を摂取することは難しいですよね?

世界中から「日本人は働き過ぎだ」と言われるほどに、日本での生活は大変忙しい方がほとんどを占めていらっしゃることと思います。

「私たちは働きすぎです」なんて言葉は、口が裂けても言えないですよね?そんなことばかり言っていては仕事もクビになってしまいかねませんもの。

ハワイや東南アジアのリゾート地などのように、穏やかな気風で暮らしていては…あっという間に家賃すら払えない状況になってしまう可能性だってあります。

日本はとても忙しい国ではありますが、それでもこの国にしかない楽しいこと、嬉しいこと、喜びはたくさんあります。この日本で生きる限り、日本の流れに沿って生きていくしかありません。

このような環境下にいても、美しくありたいと思うのは当たり前です。当たり前なのですが…この想いと生活習慣、日常生活サイクルが噛み合わないことの方が多いでしょう。

スポンサーリンク

忙しい中、どうやって美しさに磨きをかけるか、美しさを保つかが最大の悩みとなってしまってらっしゃる方も少なくないのではないでしょうか?

そんな時こそ“青汁”を取り入れてみてはいかがでしょうか?サプリメントという方法もありますが、定期的に飲む錠剤やカプセル、どうしても毎回忘れがちになってしまう方には青汁がお勧めですね。

人間は必ず喉が渇きます。飲み物を飲まない日はないのです。毎朝1杯の青汁を飲むように意識するとか、職場や学校にマグカップやタンブラーと一緒に、粉末青汁を常備しておき、喉が渇いた時に水で溶かして摂取するなど、“飲み忘れ”になることはあまりないでしょうね。

もちろん、他の飲みものを飲んでも差し支えありません。何も青汁しか飲んではいけないと言っている訳ではないのですから。意識して青汁を摂取できるよう、家でも出先でも常備さえしておけばいいのです。

疲れた時に甘いココアやコーヒーが飲みたくなったなら飲んでも良いのです。ただ、なるべく青汁を摂取するよう意識だけは残しておき、いつでも青汁が摂取できるよう用意だけはしておいてくださいね。

青汁を意識して摂取することで、豊富な食物繊維をとりながら必要栄養素も摂取できるので、どんどん体内清掃をしてくれるようになり、脂肪燃焼しやすい体質へと変化していくはずです。結果は勝手についてきてくれることでしょう!

【関連サイト】
酵素と野菜が両方一度に摂れる青汁・プロ

 - ダイエット・美容

スポンサーリンク








●ダイエットマニュアル人気ランキング
《1》●エステ顔負けの全身「美」痩せ術●大澤美樹監修 ボディスタイリングダイエット「ボディ☆スタ」

《2》◆脚やせ◆たった1日2分流すだけ!現役読者モデルでもマイナス5cmに成功した美脚法!ボディスタイリスト大澤美樹『スリムレッグラボ』

《3》えっ☆7日間でモデル脚GET?今までなかった完全プログラム形式でスラリ愛され美脚があなたのものに!


人気記事



●他サイト人気記事

  この記事を読んだ方は以下記事も読んでいます。



まずいなんて時代遅れ?美味しい青汁で脂肪なんて流してしまおう!

様々なダイエット方法や豆知識をご紹介。あなたのダイエットへの活用はもちろん、合コンやビジネスの会話ネタ・雑談ネタにもいかがですか?

Copyright© モテるダイエット雑学 , 2013 All Rights Reserved.