もやしマヨネーズの知られざるダイエット作用

もやし
皆さん、ダイエット食材に“もやし”を選択される方はいらっしゃいましたでしょうか?

まぁ、ダイエットしたい=体重を減らしたい=食事量を減らしたい=お腹は空くからカロリーのないものでごまかそう…という単純な発想でのダイエット食材として、皆さんの頭の中で名を上げるのは、こんにゃく・もやし・キャベツ・寒天…といったところでしょうか。

食べ過ぎ防止のストッパーとしてのサポート食品としては、間違いなく最高の食材であることは間違いありません。

このような食材を、普段の食事に多めに摂取することで「食べた!」という脳の満足感と「食べた!」という胃の満腹感を満たすには十分な働きをしてくれるでしょう。

しかし、問題点としては…飽きる、ということでしょうね。低カロリー食材の共通点としては“味気がない”ことですから、いくらノンカロリードレッシングを駆使して飽きがこないよう試みても、そのドレッシングもノンカロリーである限り、これまた飽きてしまうさっぱり風味のドレッシングしかないですものね…。

日常食生活の食前に、ローカロリー食材でなるべく摂取カロリーを抑えたいと考えていても、なかなか継続できるものではありません。

「その後の食事は普通の食事なんだから我慢できるだろう!」と思っていても、なぜか断念してしまった方は…少なくないのでしょうか?

そりゃ、数日間程度であればだれでも続けられるかもしれませんが…どうしても飽きてしまう方がいても不思議ではありません。

なぜなら、低カロリー食材をお腹に入れた時に感じる“満足感・満腹感”は、誤魔化しでしかないからです。

スポンサーリンク

もちろん、その誤魔化しが継続できる方ならば問題ないのですが、体は「満足していない」と感じてしまう方もいるでしょう。そんな方には、“もやしマヨネーズ”をおススメします。

もやしマヨネーズダイエットをご存知の方はいらっしゃいますでしょうか?苦痛もなく、リバウンドもなく、それでいてしっかりと減量できるダイエット方法として…ひそかに話題になっています。

この方法は、上手にいけば…1週間で3~4キロも痩せる人もいるそうです。方法は簡単、もやしにマヨネーズをかけたものを、食前に摂取するよう意識するだけなのですから!

最近のマヨネーズはダイエットの手助けになるような不飽和脂肪酸は悪玉コレステロールを減少させる働きがあるものもあり、低カロリー、低コレステロール、中性脂肪などに配慮した物がたくさん販売されているので、恐れることなく活用していきましょう!

もやしに豊富に含まれるダイエットに効果的な成分としては、“不溶性の食物繊維”・“アスパラギン酸”・“ビタミンB1” “ビタミンB2”が上げられます。

不溶性の食物繊維は便秘改善に効果的で、脂肪の吸収を抑え余分な脂肪、水分、老廃物を排出してくれます。アスパラギン酸はエネルギー代謝を助け、抵抗力を高める働きがあります。

ビタミンB1は糖質を分解する酵素の働きを活発にし、糖質がエネルギーとして消費されるのを助ける働きがあります。ビタミンB2体内の脂質の代謝を助け、余分な脂質が体内に残らないようにしてくれます。

食事の前にもやしマヨネーズを食べることによって、誤魔化しではない確かな満腹感が得られ、その後の余分なカロリー摂取を減らすことができるそうです。満腹中枢をより刺激するために、よく噛んで食べることも重要なポイントですね。

しかし、いくら低カロリー、低コレステロール、中性脂肪などに配慮した物であってもマヨネーズのつけすぎは禁物です!食べ過ぎないように注意してください。

スポンサーリンク