モテるダイエット雑学

様々なダイエット方法や豆知識をご紹介。あなたのダイエットへの活用はもちろん、合コンやビジネスの会話ネタ・雑談ネタにもいかがですか?


トコロテンで…すっきりさっぱり脂肪燃焼!

さぁ皆さん、海からの贈り物、海藻を活用してどんどん憎き脂肪を燃焼させていきましょう!

皆さんにも馴染の深い寒天、和スイーツとしても白玉・あずきにならぶ人気食材ですが、見るからにカロリーのなさそうな…あのつるんとした舌触りには、海の宝石さえ連想してしまいたくなるような、魅力的な食材ですよね。

事実、海草から生まれた寒天はノンカロリーで食物繊維が豊富で、水分を含んだまま腸まで届きます。

その工程が余分なコレステロールの吸収を防ぎ、体脂肪を減少させる働きがあると言われていますが、さらには腸の洗浄を行い、便通を整えるなどの効果もあるそうですから。素晴らしくダイエットに向いている食材なのです!

ところで…トコロテンと寒天の違いが分かる方はいらっしゃいますでしょうか?

「ところで…ところてんの…」という部分は別にダジャレではありませんのであしからず。え?誰もそんなこと突っ込んでない?…すみません、ちょっと被害妄想でしたでしょうか?…まぁ、良いでしょう。話がそれたようですので戻しますね。

「トコトテンと寒天は同じじゃないの?」と思われた方、まぁ間違いではありませんが正解でもありません。トコロテンと寒天はそもそも同じ海藻から作られるのですが、製法に違いがあります。

海藻であるテングサを煮た汁を固めたものがトコロテンと呼ばれるもので、寒天とは、テングサなどの藻を原料として作られるトコロテンを乾燥させた物です。トコロテンは奈良時代から多くの方に愛されており、平安時代には既に料理として食べられていたそうです。

スポンサーリンク

江戸時代に余ったトコロテンを寒い戸外に置いていたところ、凍って乾物になったのが寒天の始まりといわれています。少しでも半信半疑の方は…試しにそれを煮てみてください。

トコロテン独特の臭みが無い透明の固まりができるでしょう。トコロテンも寒天も、食物繊維を多く含んでいるので、便秘解消にも直接繋がります。このようなことからデトックスダイエット食品としても利用されています。

余談ではありますが、テングサ活用ダイエットの応用編です。普通に市販もされていますが、自分で寒天を作る際、トマトジュースや生のトマトを刻んで“トマト寒天”を作ってみましょう。

食前にそのトマト寒天を食べることで食べ過ぎを防ぎ、摂取カロリーが減らすことができるでしょう。食事制限をどんなに頑張っても…どうしても食べ過ぎてしまう…という人にはぴったりのダイエット方法ですね。

トマトの赤い色には“リコピン”が豊富に含まれていますので、抗酸化作用が期待できます。また、ビタミンも豊富で新陳代謝アップにつながります。加熱により栄養価が上がり、吸収率も良くなるため、トマト寒天は肥満を防ぐ上にダイエットの強い味方と言えるのです。

そんなトマト寒天を食前に食べれば胃が膨らみます。その後の食事量が自然と減り、体内に入るカロリーが抑えられるのですが、簡単に作ることができる上に食前に食べるだけなので、取り組みやすいダイエットでしょう。

 - ダイエット・美容

スポンサーリンク








●ダイエットマニュアル人気ランキング
《1》●エステ顔負けの全身「美」痩せ術●大澤美樹監修 ボディスタイリングダイエット「ボディ☆スタ」

《2》えっ☆7日間でモデル脚GET?今までなかった完全プログラム形式でスラリ愛され美脚があなたのものに!


人気記事


  この記事を読んだ方は以下記事も読んでいます。



トコロテンで…すっきりさっぱり脂肪燃焼!

様々なダイエット方法や豆知識をご紹介。あなたのダイエットへの活用はもちろん、合コンやビジネスの会話ネタ・雑談ネタにもいかがですか?

Copyright© モテるダイエット雑学 , 2013 All Rights Reserved.