塩とダイエットの深い繋がり

昔から現代に至るまで、どの時代・どの世代の人々も“他人に良く思われたい”意識は変わらないテーマでしょうね。

美しくなりたい、頭が良くなりたい、お金持ちになりたい、等々、相手に求める“良く思われたい”意識は、少しずつ意味合いは変わってくるかとは思いますが、ざっくりとまとめれば“人に認められたい・人に好かれたい”という深層心理ですね。

さらに突き詰めていけば…そのような欲求は善意の気持ちや、「みんなと仲良く暮らしていきたい!」というような人類愛の温かい気持ちとも少し違います。

本音は人に認められたり、人に好かれることで、「より優位に生きたい」気持ちなのです。

綺麗な人には、ついつい優しくなってしまう方は多いでしょう。だったら綺麗になって優しくされた方が得ですよね?

頭が良い人は学歴や知識がなければ入れないような高給取りの職に就ける可能性が広がりますよね?

お金持ちになれば欲しいものを我慢したり、ひもじい思いをすることなく暮らしていけますよね?

このような状況になった人は、周りからうらやましがられる存在となっていることでしょう。そこから発生するのが“優越感”です。

…と、何だか人間の本音についてからお話しさせて頂きましたが、何もこれらの意識がいけないと言っているのではありません。

これらの欲求・意識があるからこそ社会経済は回っていくのでしょうし、目標立てて頑張っていこうと言う人生の活力ともなるのでしょうから、これはこれで立派な“生きる活力”なのです。

スポンサーリンク

このように、昔から変わらず・途絶えず流れてきた意識のなかで、先任者たちが幾度となく失敗を繰り返しながら得てきた“効率的な効果の結果”が生まれてきたのです。

ダイエットに関しても、世界中の女性・高所得者の男性が、たくさんのダイエット研究をなされた結果が現代社会に受け継がれています。

大きくは、運動・食事と2つに分けられますが、この2つに共通している長い歴史の中で最も愛用、信頼されてきたダイエットとの深い繋がりを持っている物が…“塩”なのです。

摂取することで得られる体内からの殺菌効果により、身体機能の活性化を促進させる体内循環アップ効果と、体に塗って運動することによって発汗作用を促し、老廃物を排出させたりとのデトックス効果で、体の中から外からと高いダイエット効果を期待できるものとして重宝されてきたそうです。

長い長い歴史の中の様々な場所・人々のダイエットサポートをしてきたのが塩です。昔から今でも繋がっているものは、とても数えきれない人数と年月が効果を保証してくれているのでしょう。

日常生活の中で、ドレッシングやたれを使用する際は意識して塩に変えてみる頻度を上げることや、お風呂に入る時にバスソルトを入れたり、食用でも天然塩を入れるよう心掛けるだけでも成果は期待できます。

塩が織りなす歴史を感じながら食したり、お風呂にゆったりと使ってみるような“ゆとりある心”を持ってダイエットに励んでみるのも素敵だと思いませんか?

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク