美しいハスカップの美しいダイエット効果

男性の皆さんはちょっと聞きなれないかもしれませんが、“ハスカップ”をご存じの方はいらっしゃいますでしょうか?

寒い地域で栽培されると言うハスカップは“北の真珠”と呼ばれ、元々の語源はアイヌだそうです。

何となく北海道のお土産の中に紛れこんでいた記憶はありますが…実際にハスカップとは?と聞かれた際に、どのような物でどのような作用があるものか…答えられる方は少ないでしょう。しかし、このハスカップには、ダイエッターを喜ばせるようなダイエット作用があることが判明いたしました!

普段のダイエット生活の中に、ちょっと変わった珍しい食材を追加してみるのも良い変化になるのではないでしょうか?

今回は、“北の真珠・ハスカップ”についてご紹介していきたいと思います!

ハスカップの実態を知られた方、きっと明日からハスカップが気になって仕方が無くなってしまうかもしれません。そのくらいハスカップとは、とても魅力的な食材なのです。

まず、どのような食材なのかイメージすら付かない方も多いかと思いますので、見た目的な状態からお話ししますね。

色は…そうですね、ブルーベリーをもっと鮮明に鮮やかにしたような色彩となっております。マット感のある濃いアメジストのようでもあります。

形的にはラズベリーのぼこぼこを無くし、ちょっと縦長にしたような形状をしている小粒な果実です。

緑の葉っぱの中に鮮やかな紫がかったブルーの配色は、見ているだけでも美しいものです。

まさに“北の真珠”という名前がピッタリですね。まるで宝石を口にするようなイメージを持たせてくれるほどに美しい果実です。

スポンサーリンク

この小さな果実には、北の恵みがみっちりと詰め込まれていることが最近話題になっているようですが、実際の効果として最も有名な作用が“シアニジン”という成分だそうです。

この成分は強い抗酸化力があり、体の酸化を強烈に防ぎます。体の酸化を防ぐことによって体内の循環機能が活性化され、血行の流れがサラサラ・スムーズになるのです。

結果的に基礎代謝・新陳代謝向上機能が発達し、常に脂肪を燃焼し続けるようなダイエッターには理想の“太らない体質”作りの強力なサポーターとなってくれるそうです。

太らない体…皆さんの夢ではないでしょうか?そもそも、体に脂肪が付きにくい体質になっていれば…精神的にも肉体的にも“ダイエット”という意識に対しての負担が圧倒的に減少されていきますよね?

痩せることも大きな目標となって皆さんのダイエット生活の支えになっているかとは思いますが、最終的な目標には“痩せる”ではなく、“太りにくい体質作り”にして頂きたいと思います。それこそが真の意味での“ダイエット”であり、“ダイエットの成功”となるでしょう!

ビタミンも豊富に含まれる“脂肪を燃やす体作りサポーター”のハスカップ、近場で手に入れることは難しいかもしれませんが…手っ取り早いのはスーパーでも売られている場合が多いハスカップジャムを手に入れることでしょう。

普段、他のジャムを使用する場面でハスカップジャムに切り替える意識をするだけでも“ダイエットの結果”に変化は現れるはずですよ!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク