モテるダイエット雑学

様々なダイエット方法や豆知識をご紹介。あなたのダイエットへの活用はもちろん、合コンやビジネスの会話ネタ・雑談ネタにもいかがですか?


ダイエット目的達成のための理想体重

ダイエットをスタートさせようと意識が芽生えた時、皆さんが真っ先に掲げるのは“目標体重”ですよね?

「こんなスタイルになりたい」「細い足がほしい」「くびれたウエストをゲットしたい」と、各々の目標はあるかと思いますが、目標とする体型に近づくために、意識してその体型になろうとの努力ではなく、「とにかく体重を減らしたい」との気持ちが先走ってしまう方が多いのではないでしょうか?

「体重さえ目標とする位置にまで落とせたら、きっとイメージする体型になれる!」と、無意識に体重減少にだけ目標を設定してしまう方、おそらく…そのような考えたでは、たとえ目標とした体重にまで体重計のメモリを動かせたとしても、鏡に映る姿が目標とした体型になっている可能性は…正直言って低いかもしれませんね。

いや、はっきり言って難しいでしょう。無理な食事制限で全体的にサイズが小さくなったとことで、魅力ある体型とは言い切れないですよ。

“無理なダイエット”は“無意味なダイエット”であり、“無駄なダイエット”です。

病的に痩せた体が魅力的だと言うような異性とお付き合いするならば、残りの健康が維持できるまでの間は幸せなのかもしれませんが…体を壊してしまっては楽しい生活も出来ません。

また、一時的に目標体重に減少させることが出来たとしましても、その減少した物質が“筋肉”でも意味はありません。

“脂肪”を確実に落としていかない限り、日々“リバウンド”の爆弾を抱えているようなものです。

皆さんが思う、理想体重とは何キロのことを言うのでしょうか?身長と体重のバランス、きちんと保つことができる限度の体重設定であるのでしょうか?

スポンサーリンク

たしかに、一般的に言われる身長に対する標準体重と言うのは…現代の日本人にとってはちょっと多いかもしれませんが、均整のとれた美しい体型には筋肉は不可欠になります。

健康で締めるべき部分はきっちり締めてある魅力的な体型であれば…標準体重にちかい体重になるだけの筋肉が付いてくるでしょう。

脂肪率が多い体型で標準体重に近い方は…「ダイエットしなきゃ!」の意識が働くかもしれませんが、異性からの視線を集めるような“モテ体型”になるためには、“理想体重”を追いかけるのではなく、“理想体型”を追いかける努力をする、というような意識に変えていかれた方が、結果的には自分が1番満足できる最終形態へと到達できるのではないかと思います。

無理なダイエットで無理矢理体重を落とし、骨も筋肉もカスカスになった状態で、「常に青白い顔をしている自分を鏡で見るとうっとりする…」ですとか、「そんな体型になった自分も、そんな病的な匂いがする体型自体も好きだ…」というような方は、キツイ言い方をしますが、1種の“心の病気”でしょう。

言い方を変えれば“独自の世界のナルシズム”ですね。まぁ、自分が気持ちよく生きられると言い切れるなら、そのようなダイエット方法も1つの幸せの道なのかもしれませんが、ほとんどの方は“他人に良く評価されることで自分への活力を得る”方が一般的だと思います。

他人から“魅力的だな”と思われるような体型つくりのためには“理想体重”への意識ではなく、“理想体型”への意識向上をおススメ致します。

 - ダイエット・美容

スポンサーリンク








●ダイエットマニュアル人気ランキング
《1》●エステ顔負けの全身「美」痩せ術●大澤美樹監修 ボディスタイリングダイエット「ボディ☆スタ」

《2》◆脚やせ◆たった1日2分流すだけ!現役読者モデルでもマイナス5cmに成功した美脚法!ボディスタイリスト大澤美樹『スリムレッグラボ』

《3》えっ☆7日間でモデル脚GET?今までなかった完全プログラム形式でスラリ愛され美脚があなたのものに!


人気記事


  この記事を読んだ方は以下記事も読んでいます。



ダイエット目的達成のための理想体重

様々なダイエット方法や豆知識をご紹介。あなたのダイエットへの活用はもちろん、合コンやビジネスの会話ネタ・雑談ネタにもいかがですか?

Copyright© モテるダイエット雑学 , 2012 All Rights Reserved.