モテるダイエット雑学

様々なダイエット方法や豆知識をご紹介。あなたのダイエットへの活用はもちろん、合コンやビジネスの会話ネタ・雑談ネタにもいかがですか?


ダンベル運動こそダイエット運動の鉄板!!

ダンベル

ダイエットをする人をイメージしてみてください。…唐突な質問で驚かれてしまうかもしれませんが、一般的にダイエットで連想する行動とはどのようなものが多いでしょう?

ジョギングでしょうか?縄跳びでしょうか?それとも、美味しそうな食事を目の前にして…生唾を飲み込みながら必死に食事制限されている方でしょうか?

皆さんのダイエットに対するイメージはだいたい同じ行動が挙げられると思いますが、先ほど上げた風景意外にも浮かび上がるイメージはありませんか?

すでにイメージされている方もいらっしゃると思いますが、“ダンベル運動”はいかがでしょう?

重そうな鉄アレイを交互に頭上に上げる姿もイメージされやすいダイエット運動ですよね?…そうです、今回のテーマは“ダンベルで痩せる”です。皆さんが連想するダイエットのイメージとは、そんなに間違っているものはないでしょう。

多くの人が連想するということは、それだけ有名・普及している証拠です。そこまで普及してるということは、それだけの人が挑戦しているということになりますよね?

それだけの人が挑戦しているということは…実践して成功された人が多いということでしょう。ダンベル運動もその1つですよね?

ダンベル運動は何も専用の鉄アレイがなくとも実践することが出来るので、興味のある方はぜひダイエット生活に取り入れてみましょう!

スポンサーリンク

ダンベル運動は皆さんのダイエット作用を活性化させる素晴らしい働きを動かしてくれる運動になります。自宅に鉄アレイがある方はもちろん活用して頂きたいのですが、「そんなものない!」と言う方も…がっかりすることはありません。

500ミリのペットボトルを代用して頂ければ十分でしょう。「軽すぎて、全然運動にならない!」と感じる方は、500ミリペットボトルを2本、ガムテープなどで固定して、重みを増やしてください。

それでも物足りない方は3本にするなど、いくらでも自分で調整が出来るので、自分のペースに合わせた特製ダンベルを用意しましょう。

ダンベルを利用したダイエット作用での効果とは、軽い運動をダンベルを持ってすることで筋肉量を増やせることです。

筋肉量が上がれば 基礎代謝も必然的に上がってくれるので、普段から脂肪を燃焼しやすい体へと作り変えていくことが可能になっていくのです。

ポイントとしては反動を付けずに、呼吸を止めないよう意識しながら動かすことにあります。ゆっくり持ち上げ、ゆっくりあげる。ダンベルを動かす前に息を大きく吸い、動かしながら息を吐ききるような呼吸法を使ってくださいね。

椅子に座ったまま行うことも、立ったまま行うことも、どちらでもそれぞれの筋肉量アップに貢献する動きになるので、腹筋、背筋、腕、肩と、自分が鍛えたい筋肉をピンポイントで鍛え上げていくように挑戦してみてください。

起床後や寝る前などのちょっとした時間、毎日15分程度で十分でしょう。翌日から体が引き締まる、脂肪が減る、というような即効性のあるものではありませんが、毎日継続することによって確実な成果を得られるでしょう。

 - ダイエット・美容

スポンサーリンク








●ダイエットマニュアル人気ランキング
《1》●エステ顔負けの全身「美」痩せ術●大澤美樹監修 ボディスタイリングダイエット「ボディ☆スタ」

《2》えっ☆7日間でモデル脚GET?今までなかった完全プログラム形式でスラリ愛され美脚があなたのものに!


人気記事


  この記事を読んだ方は以下記事も読んでいます。



ダンベル運動こそダイエット運動の鉄板!!

様々なダイエット方法や豆知識をご紹介。あなたのダイエットへの活用はもちろん、合コンやビジネスの会話ネタ・雑談ネタにもいかがですか?

Copyright© モテるダイエット雑学 , 2012 All Rights Reserved.