モテるダイエット雑学

様々なダイエット方法や豆知識をご紹介。あなたのダイエットへの活用はもちろん、合コンやビジネスの会話ネタ・雑談ネタにもいかがですか?


ゴーヤーで沖縄式ダイエット

個人的には大人になるまで「ゴーヤー」を口にした記憶は1度しかありませんねぇ…。南国地方ではない実家の食卓ではゴーヤーが登場することは滅多にありませんでした。

1度だけ健康の良いらしいと噂を聞いた母が“ゴーヤーチャンプルー”を作ってくれた時がありましたが…幼い私の味覚が受け付けず、成人するまでにゴーヤーを摂取するような機会がなかったのですが、皆さんの即生活ではいかがでしょうか?

南国地方育ちの方はごく普通にゴーヤーは日常食生活に溶け込んでいるのではないかと思いますが、西や北の地方の方はあまり馴染みのない食材ではありませんか?

しかし、独特な苦味を持つゴーヤーには優れたダイエット作用があると言われています。今まで口にする機会がなかったような方でも、これからは意識して食生活に取り入れてみてはいかがでしょうか?

ゴーヤーに含まれる“共益リノール酸”は体内に脂肪が溜まるのを防ぎ、溜まっている脂肪を延焼させる効果が高いと言われています。

また、脂肪を分解しながら、分解した脂肪が再び結合することまで防ぐ作用があるとも言われているので、まさに“脂肪滅亡”食材と感じずにはいられません。

こんなに脂肪に働きかける食材は滅多にないのではないでしょうか?これだけでも十分だと思うのですが、ゴーヤーには血液サラサラ効果までもあるのです!

ほとんどの方がドロドロになってしまっているような血液をサラサラにし、基礎代謝を上げてくれます。脂肪を燃やし、脂肪蓄積を防ぎ、血流をスムーズにしながら痩せやすい体質へと変えていく…。

スポンサーリンク

ゴーヤーは、もしかしたらナンバー1ダイエット食材なのかもしれませんね。ぜひとも皆さんの食生活に意識して加えて頂きたいと思います。

“ゴーヤーの苦味は平気!”という方にはダイレクトにゴーヤー成分を摂取できる“ゴーヤージュース”をおススメします!

ゴーヤーを6分の1、リンゴ半分と適量に水・ハチミツを加えてミキサーにかけるだけです。これなら忙しい朝に1杯、寝る前に1杯と、好きな時に気軽にゴーヤーを摂取できますよね?

しかしながら生のゴーヤーを使用するので苦味は結構あります。リンゴとハチミツでいくらか抑えられても…苦いです。昔の青汁を飲むような気合が必要ですので覚悟が必要でしょう。

飲めるか飲めないかは…実際に試飲して確かめてみるしかありませんので、勇気のある方は挑戦してみてください。

ゴーヤーの苦味を“美味しい”と感じることが出来るような味覚になってからじゃないと、実際に食生活に組み込んでいくことはむずかしいと思います。

どうしても口に合わない方はかえってストレスになってしまうので無理はしないでくださいね。

“美味しい”と味わいながら摂取していくことがリラックス効果と満足感を生み、その精神状態の中で摂取されて初めてゴーヤー本来のダイエット作用が活発に働くこととなるでしょう。

食わず嫌いはダメですよ。まずは自分で調理して失敗してしまう前に、気の合う友人と沖縄料理店でプロの調理したゴーヤー料理を食べてみることから始めてみましょう。ゴーヤーを利用するダイエットはそこからです!

 - ダイエット・美容

スポンサーリンク








●ダイエットマニュアル人気ランキング
《1》●エステ顔負けの全身「美」痩せ術●大澤美樹監修 ボディスタイリングダイエット「ボディ☆スタ」

《2》◆脚やせ◆たった1日2分流すだけ!現役読者モデルでもマイナス5cmに成功した美脚法!ボディスタイリスト大澤美樹『スリムレッグラボ』

《3》えっ☆7日間でモデル脚GET?今までなかった完全プログラム形式でスラリ愛され美脚があなたのものに!


人気記事


  この記事を読んだ方は以下記事も読んでいます。



ゴーヤーで沖縄式ダイエット

様々なダイエット方法や豆知識をご紹介。あなたのダイエットへの活用はもちろん、合コンやビジネスの会話ネタ・雑談ネタにもいかがですか?

Copyright© モテるダイエット雑学 , 2012 All Rights Reserved.