モテるダイエット雑学

様々なダイエット方法や豆知識をご紹介。あなたのダイエットへの活用はもちろん、合コンやビジネスの会話ネタ・雑談ネタにもいかがですか?


脳の恐ろしくも優秀なダイエット効果!?

脳とダイエットの関係
ダイエットをしようと思う時、まず食事制限や有酸素運動を考えるのは…当たり前ですよね。もちろんその考え方は間違いではありません。

私も長いダイエット人生の中で、このことは常に日常的思考として置いていましたし、これからもそこが変わることは無いでしょう。

しかし、それらの機能の大元をたどると…すべてを司っているのは“脳”になります。

ダイエットをしようと思う気持ちが発信されることは当たり前のように皆さんもご存知ではあると思いますが、ダイエットをしたいと思う気持ちを実践する食事制限も有酸素運動も…その結果を出してくれるのも、実は脳が支配していることなのです。

「言っている意味が分からない…」と思われる方も少なくないかとは思いますが、食事制限をして摂取カロリーを少なくし、その分、体内に蓄積されている脂肪を燃焼してエネルギーに変える働きも脳が体内の細胞達に指令を出してはじめて働く作用なのです。

有酸素運動にしても同じことが言えます。どんなに食事制限や有酸素運動を頑張ったとしても…それらの働きを脳が正常に指令を出さなければ…決して理想通りのダイエットは叶えられることはないのです。

この脳の指令は、多くの方は正常に働いているので…当たり前すぎてあまり把握できないものなのです。

まぁ、実際にダイエット生活を送る中で、脳の働きをしっかりと把握していなかったとしても、ダイエット生活に対してそれなりにきちんと指令を出してくれているので、あえて意識しなくとも、正しいダイエット生活をしていれば相応のダイエット効果を得られるので、絶対に意識しなければいけないことでもありません。

スポンサーリンク

しかし…脳がダイエットも司っていることを把握できていれば…同じダイエット生活をしていく中でもその結果には大きな差が生まれてくることは事実です。

例えば…一生懸命ダイエット生活をしていく中で、少しの誘惑に負けてしまったとします。…誘惑に負けてしまうことは、ダイエット経験者であれば誰もが一度や二度…三度や四度…あることでしょう。

その時に、「あぁ、誘惑に負けてしまって甘い物を食べてしまったから太ってしまう」と不安に思ってしまうことでしょう。

その思ったことは…脳が信号として受け取ってしまい、思った通りに誘惑に負けて摂取してしまった甘いものが体に必要以上に吸収されてしまうのです。

ここで脳が指令を出していることを把握できていれば、誘惑に負けてしまう時、「これを食べても太らない」と思えるようになるでしょう。

そうすると…不思議なことに、「これを食べてしまったから太る」と思った方よりも、「これを食べても太らない」と思った方の方が…摂取してしまった余分なカロリーの吸収率が低くなるそうです。

「そんな都合の良い話があるとは思えない」と言われる方もたくさんいらっしゃることでしょう。それでも、このことは多くの専門家が研究対象にするほどに世界中のダイエッターの中で実例がある話なのです。

考え方を少し変えるだけで、ダイエット結果が変わるとしたら…こんなにお得な話はないですよね?同じ生活をしていく中で、お金も時間もかからないことなので、ダイエッターの皆さんも試してみる価値はあるのではないでしょうか?

私は常に脳が体を支配していることを考えながらダイエット生活をしているせいか、時々誘惑に負けてしまったとしても…ダイエット自体に影響はない生活を送れています!

ストレスを少しでも軽減させ、楽しく確実なダイエット生活をするために、今回のお話は多くのダイエッターの皆さんに届いてほしいと思っています!

 - ダイエット・美容

スポンサーリンク








●ダイエットマニュアル人気ランキング
《1》●エステ顔負けの全身「美」痩せ術●大澤美樹監修 ボディスタイリングダイエット「ボディ☆スタ」

《2》◆脚やせ◆たった1日2分流すだけ!現役読者モデルでもマイナス5cmに成功した美脚法!ボディスタイリスト大澤美樹『スリムレッグラボ』

《3》えっ☆7日間でモデル脚GET?今までなかった完全プログラム形式でスラリ愛され美脚があなたのものに!


人気記事


  この記事を読んだ方は以下記事も読んでいます。



脳の恐ろしくも優秀なダイエット効果!?

様々なダイエット方法や豆知識をご紹介。あなたのダイエットへの活用はもちろん、合コンやビジネスの会話ネタ・雑談ネタにもいかがですか?

Copyright© モテるダイエット雑学 , 2014 All Rights Reserved.